コラム&エッセイ

2019.01.26

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

12歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第15話は、去年の12月から始めている、F3マシンとF4マシンとを交互に乗り換えるという新しい練習について。なぜそんなことをするのでしょう? 実際にやってみると?

第15話:F3とF4 マシンを交互に乗り換え練習中 ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Kazuyuki Omori(大森和之)、Hideki Noda(野田英樹)

もくじ

F3/F4マシンを交互に乗り換え
実際にやってみると……?

F3/F4マシンを交互に乗り換え

去年の12月から、F3マシンとF4マシンとを交互に乗り換えるという新しい練習を始めています。

「Jujuは、F3のレースに出てるんだから、もうF4マシンに乗る必要はないんじゃないの?」

そう思うひともいるかもしれませんが、これがすごくいい練習になるんですよ。

マレーシアで走ったときもそうだったんですが、短い時間でいきなり慣れていないクルマに乗って、タイムを出さなきゃいけない時って、あるんですよね。

いままで日本でやってきたのは、岡山国際サーキットという決まったコースを何百周も走って、マシンも自分にぴったりなセッティングにして、練習するということ。

コースもマシンも自分に合った状態では、いいタイムを出せるようになってきました。

でも、外国では練習時間も少なく、セッティングもちゃんとしていない状態で、結果を出さなければならないんですね。これからは、そういうことがたくさんあると思うんです。

そこで、日本にいるときでも、もっとステップアップができる方法ということで始めたのが、F4マシンとF3マシンとの乗り換え練習です。

提案してくれたのは、お父さん。

「海外で戦っていくためには、まったく違うキャラクターのマシンに乗ったときでも、すぐにそれを乗りこなして、限界点を引き出す技術が必要なんだ」

「これから、Jujuにとって乗りにくいマシンで、どうやったらマシンに自分自身を合わせていくかという練習をしたらどうかな。そういう経験を積み重ねていくことで、さらにステップアップできると思うんだ」って。

わたしも、「それはおもしろいな」と思って、すぐに始めることにしました。

next page実際にやってみると……?

すべての画像をみる

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ