まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2019.02.20

ツーリングイベントに参加しました ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

アストン東京のツーリングイベントに参加して

2月3日に、伊豆半島、川奈にあるイタリアン・レストラン、ラ・ヴィータ・エ・ベッラ伊豆高原で昼食を食べて帰る、というツーリングイベントが、アストン マーティン東京によって開催された。

アストン マーティンの東京地区のディーラーは、一昨年に一新され、アストン マーティン東京として集約された。

そして、アストン マーティン・ジャパンのヘッドクオーターと共に、青山通りに面したビルに居を構えることになったのである。アストン東京は、既に昨年3回のツーリング・イベントを開催していて、次第に、参加台数も増えているという。

当日は、よく晴れて風も無く、真冬にしては穏やかな休日であった。東名高速の海老名パーキングに集合したアストンは、総勢31台。その内訳は、最も多いのがDB11で12台、

次いで、ヴァンテージが5台であり、ニュー・ヴァンテージは試乗車の2台を含めて6台であった。クラブのイベントと異なり、DB7以前の所謂クラシック・モデルの参加は無かったが、31台ものアストン マーティンが並ぶ様は圧巻であった。

コースは、小田原厚木道路から、一般道に入り、真鶴道路を海沿いに南下する、という、観光ルートそのものであった。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。
 
 
 

人気記事