BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

コラム&エッセイ

2019.04.21

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。急ぎの整備が必要ないことがわかった今、やるべきことはエンジン磨きだ! と考え、男ふたりで夜な夜な磨きました。平和な回です。

第92話:男ふたりでエンジン磨いて。

もくじ

エンジンをきれいにしたい
男ふたりでエンジン磨いて

エンジンをきれいにしたい

所有しているポルシェ911 SCは
もちろん完ぺきではないけれど
とりたてて急務の整備はない。

そう言われたのが前回までのお話。

ならば目に見えるところを、
すこしずつきれいにしていきたいと思った。

ところでシャカヨン読者の皆さま、
得も言われぬカラーの993にご記憶は?
2018年10月に公開した記事のモデルである。

オーナーは30歳。筒井さん。
どこで出会ったのかは忘れたけれど
(この年齢で空冷ポルシェに乗っていれば、
 どこだって自然に出会うものなのかも。)
AUTOCARのコンテンツに出演してもらったり
いっしょに雑誌の取材を受けたりしている。

筒井さんが乗っている911(993型)は
基本的にはオリジナルの佇まいだけれど、
ほどよく走りに関わる部分が磨き上げられ
その上かなり徹底して走っているものだから
実際に目にするとふしぎなオーラがでている。
エンジンルームは、奥の奥までぴかぴかだ。

だからいっしょに、
エンジンを磨くことにしたのだ。
まだまだ冷え込む夜に、男ふたりきりで(笑)

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ