社会人1年目、ポルシェを買う。

2019.06.08

第94話:運転がへただと言われたくない、それに傷つきたくない。

すべてはブレーキングが支配する

「サーキットを速く走るためのコツは
 ブレーキングにあるのです」(細川先生)

「あらゆるコーナーを制服するには
 ブレーキでクルマを支配下におく
 『きちんとコントロールできる』
 というのは、これがすべてといってもいい」

いかに速いクルマに乗っていても、
そのクルマを支配下に置けなければ
クルマは思わぬ動きをして、結果、ロスする。
ブレーキングこそ支配するためのキーとなる。

ひたすら繰り返した練習が活きるのは
午後の2つのメニューだった。

1つめは、1種類のコーナー。
もう1つは、
曲率ちがいの計3つのコーナーを含む
特設コースだ。(パイロンで形作られる)

それぞれのコーナーの攻略法は
実際に参加して学ぶことを強く勧めるが、
それぞれのコーナーを攻略するキーは
適切なタイミングでブレーキを踏みつつ
操舵をして向きを変えて、脱出していく。
ここで雑なブレーキングをすると、
クルマの挙動を変えるのにも
脱出をするのにもロスしてしまうのである。

逆に、ブレーキで姿勢を整えられていれば
一連の流れが、かんたんにできてしまう。

「たとえばハンドルを『1』切るなら
 アクセルは『9』踏む。『2』なら『8』」

ようするに、いちどに制動/操舵/加速を
フルでやってしまうとクルマは破綻するから、
それぞれの動作が「足して10」になるよう
こまやかに、そしてなめらかに操作する
というアドバイスは川端くんの言葉だけれど
これが実践できるようにするには
まずは4つのタイヤがフラットな状態で
ブレーキングをどれだけ精密にできるか
というのがとても大事なのである。

そして午後になって
午前中、ストレート→停止のレッスンを
ひたすらやりこんだことが活きるのだ。

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像