BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

コラム&エッセイ

2019.06.23

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第21話は、フォーミュラU-17&Senior第2戦を振り返ります。スタートでは悔しい思いをしたけれど、アメリカ特訓の成果がでました。

第21話:優勝! フォーミュラU-17&Senior第2戦 ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Kazuyuki Omori(大森和之)

もくじ

U17&シニアの第2戦も優勝!
アメリカで練習した成果が出てる!

U17&シニアの第2戦も優勝!

6月9日は、U17&シニアの第2戦でした。

前回のレースが終わってから、久しぶりのF3マシン。

4月から5月にかけては、アメリカやイタリアに行っていたので、「ちょっと疲れちゃったな」という感じもあったんですが、特に大きな問題もなく、レース当日を迎えることができました。

結果は、優勝です!

応援してくださったみなさん、ありがとうございました~。

といいつつ、さっそくの反省ですが、なんと……、スタートで失敗!!

エンジンストールして、最下位まで落ちてしまって。エ~ン。

でも、そこはJujuですから、「ここからが腕の見せどころ!」と、すぐに復帰。

最下位からですから、もう~、すごい追い上げましたよ~。

その結果、かなりいいタイムが出ました。

お父さんからも、「これは十分評価できるタイムだよ」って。

どのくらいかというと、F3のCクラスを基準にした場合、平均で4秒落ちぐらいを目安に走れればいいそうですが、3秒落ち以内というところです。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ