コラム&エッセイ

2019.09.01

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。ちょっと前に、シャカヨン号(ポルシェ911 SC)は車検から戻ってきました。何をどのように整備したのかをまとめました。

第98話:ポルシェ911(シャカヨン号)、車検費用は49万8676円。

photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

シャカヨン号、ついに戻ってきた
どこが、どんなふうに変わったのか

シャカヨン号、ついに戻ってきた

ちょっと前のことだけど
1か月と、ちょっとの時間を経て
愛するポルシェ911(シャカヨン号)が
手元にもどってきました!

じつは、いちど、
シンリュウに引き取りにいったのです。
が、そのまま再入庫となったのでした。

低回転域のシャリシャリ音の症状を
(本当に気にしないと聞こえない)
かねてから気にしていたのだけれど、
シンリュウに入庫中は発症せず……。
こういうことって、よくありますね。

それが、帰り道に、症状が再発したのでした。

原因は、触媒の遮熱板と
ヒート・エクスチェンジャーが
極めて狭い条件のみで接触していたから。

極めて狭い条件というのがクセモノだった。

ギアをエンゲージし、かつ走行していて
そのうえほんの1000−1100rpmのあいだ。
それも周囲が静かで、かつ
左右に壁があれば反響して聞こえるのです。

いっぽう車検整備時は、
ほとんどがリフトに乗せての整備。
シンリュウの箭内(やない)さんと
交互に空ぶかしを繰り返しながら
「あれぇ……入庫したとたん音が聞こえぬ」
といったかんじだったのです。

帰り道、つまり走らせている状態で、
ふたたびシャリシャリと聞こえはじめ
それで箭内さんと同乗試乗をしたうえで
「こりゃ再入庫だね」と。

プラス1週間、つまり
約40日の整備とあいなったのでした。

原因は、触媒の遮熱板と
ヒート・エクスチェンジャーが
極めて狭い条件のみで接触していたから。

些細な原因、些細といえば些細な症状。
しかし乗れば乗るほど気になるものだ。
排気管が腐っているとか
大掛かりな交換を要するとかじゃなくて
ほっと、ひとあんしんでした。

整備の結果、トータルで49万8676円。
その代表を見ていこうではないか。ヒェ。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。