社会人1年目、ポルシェを買う。

2019.09.01

第98話:ポルシェ911(シャカヨン号)、車検費用は49万8676円。

どこが、どんなふうに変わったのか

走ってみて、変化を体感しやすい部分。

・ブレーキキャリパー(前)オーバーホール
・ブレーキパッド(前)交換
・ブレーキローター(前)交換

・ブレーキパッド(後ろ)交換
・サイドブレーキ点検清掃
・ブレーキローター(後ろ)脱着/研磨

あきらかにブレーキのタッチが変わった。
ペダルの踏み込む量に応じて、
よりなめらかに制動が効くようになった。

クラッチペダルもしかり。
これまでも、特に不自然に感じなかったが
クラッチワイヤー調整のおかげで
どの踏み幅でも等しくペダルが沈み込み、
ギアがつながるタイミングを察しやすい。

いずれも、目に見えぬところばかりだが、
「これが正しいタッチ&フィールなのか」
と、あらためて勉強になっている。

またデスビ(ディストリビューター)は、
ひとことで末期症状でした。
油切れで、固着!
箭内さんが動画を撮ってくれています。

分解→清掃→給油。
オーバーホールをしてもらいました。
おかげで、アクセル踏み始めから
もりもりとトルクが湧き出す感覚……
といいたいところでしたが、
ほんとのほんと、正直申し上げますと
僕には大きな変化を感じられませんでした。

「まだまだ乗り足りておらん!」
というところなのでしょう。
ちなみに箭内さんいわく
「けっこう変わったよ!」とのこと。
箭内さんのほうが、
僕のクルマの変化によく気づくし
僕よりうまく乗られている……。
まだまだ修行がたりませんね……。

30〜40万円の予算のところ、
およそ50万円になってしまったけれど
たしかに高いパーツ代を考えると
これはこれでむしろ安いほうだと思います。
ほかにも、ホースやベルト系、調整など
細かな整備は多岐にわたります。

泣く泣くお願いして、2回払いに!

ブッシュ類の交換までたどり着けなかった。
次はブッシュ類、さらにミッションも……。
それが終わればエンジンオーバーホールか、
ボディも再塗装したいぞ! なんてことを
考え始めると……。いやキリがないですね。

それよりも、どうやって予算オーバー分を
捻出するかを考えます。とほほ。

※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。

 そうそう!
 ガスチャージだけで
 クーラーが効くようになりました。
 ふつうに冷たい風がでます。
 でもなんだかエンジンが
 ウンウンと頑張っている感じがして
 ちょっとビクビクしてすぐオフにしてます。

 今後とも、[email protected] まで、
 皆さまの声をお聞かせください。
 もちろん、なんでもないメールだって
 お待ちしております。

 というか、最近、お返事が滞っており
 たいへん申し訳ございませんです。

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像

        ×