社会人1年目、ポルシェを買う。

2019.10.19

第99話:ポルシェ911(シャカヨン号)、タイヤ交換 ミシュランにしてみた。

パイロット・エグザルトPE2の第一印象

組み上がったタイヤを装着したシャカヨン号(ポルシェ911 SC)は、ピンと背筋が伸びたように見える。サイドウォールがぷくっと膨らんでいるから愛嬌もある。

乗ると、明らかに反応がよくなったことに、すぐに気づく。乗り心地については、ぽよんと跳ねるかなぁ。同じタイヤを履いたことがある人に聞いてみたところ、しばらくしたら落ちつくという。

この日はちょうど雨が降った。雨のなか、たとえば首都高の合流手前のループで、いつもよりやや積極的にアクセルを踏んでみると、「あ、ここからは怖いかなぁ」と思うタイミングがあった。パイロット・エグザルトPE2は、それがない。「もっと先に、怖くなるポイントはある」と思った。

そして静か。といったって、後ろのほうから空冷エンジンがわんわんと唸っている。音楽だってろくに聞こえない(シャカヨン号に乗り換えて、めっきり聞かなくなった)。

けれど明らかにタイヤに起因する、ザーザーゴーゴーといった類のいわゆるロードノイズが激減した。となりに乗っていた神村カメラマンもそういった。

ファーストインプレッションだけでも十分な収穫があった。と、同時に、10年ちかく交換していなかったタイヤと比べたって、仕方あるまい。

パイロット・エグザルトPE2が、どれほどすばらしいかは、今後、さまざまなタイヤと比べることで、より明らかになるに違いない。

ところで「Nタイヤ(ポルシェ認証)」について気になることがでてきた。次回以降、聞いてみたい。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

人気テーマ

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

      ×