[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

Juju(野田樹潤)ブログ

2019.11.09

100字サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第23話は、だいじなご報告です。2020年〜のシーズン、拠点はデンマークにうつります。デニッシュF4チャンピオンシップで戦うことになりました。詳細をお伝えします。

第23話:Juju、2020年〜の拠点はデンマーク F4デニッシュチャンピオンシップ参戦へ ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Kazuyuki Omori(大森和之)

もくじ

2020年からの拠点はデンマークです!
いっしょにデンマークで戦う仲間は

2020年からの拠点はデンマークです!

今日で2019年のU17のレースもすべて終わり、全体的にとてもいい成績で終わることができました!

皆さん、応援ありがとうございました。

これでU17も卒業です。う~ん、色々あったけど、楽しかったな。

さて、ここでJujuから大切なお知らせです。
ジャジャ~~~~~~ン!

なんと、2020年はデンマークF4(デニッシュF4チャンピオンシップ)に参戦することになりました!

レースは全部で8大会、24戦に出場します。

13歳で海外フォーミュラ・カーレースに参戦するのは、日本人最年少です。うわーっ、ホントに海外のレースに出ることになっちゃいました。

F4デニッシュチャンピオンシップは世界で開催されているF4レースでも14歳のドライバーが参戦できる数少ないレースなんですよ。

Jujuは2月で14歳になるので、4月の開幕戦には間にあうんです!

チームはこれまでと同じく、ウチの家族、いやいや「NODA Racing」で、デンマークの首都コペンハーゲンの南西にある、オーフスという街が拠点になります。

新しい場所での生活はどんなかな? 今からドキドキ。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。