クルマ漬けの毎日から

2019.11.30

100字サマリー

クロプリー編集長は初代ベルランゴを長年所有しています。これまで何度も手放そうと考えましたが、結局このクルマを気に入っているのです。週末、新旧ベルランゴを乗り比べる機会に恵まれました。

新旧シトロエン・ベルランゴと過ごす、至福の時

もくじ

新旧 驚きの共通点
軍配はどちら?

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

新旧 驚きの共通点

この週末、至福の時を過ごした。

多くの人にとっては単に変わった経験に思えるかもしれないが、最新のシトロエン・ベルランゴMk3と、16年間所有している我が家の初代ベルランゴ(12万km走行)を運転して、土日の大半を過ごしたのだ。

世代が異なるにもかかわらず、この2台のベルランゴにはいくつも共通点がある。

たとえば、大型のグラスルーフであるために内部結露しやすいといった点まで、よく似ているから驚きだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。