クルマ漬けの毎日から

2019.12.15

100字サマリー

FCAとPSAが経営統合するというニュースには、クロプリー編集長も衝撃を受けました。でもこの合併に関連して、さらに気になるニュースがもう1つ。それは、次世代のフィアット小型車のセグメント移行です。

【クロプリー編集長コラム】次世代フィアット500の大型化

もくじ

「スーパーミニ」というセグメント
大きくなるフィアット500 私は愛せるか?

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

「スーパーミニ」というセグメント

フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)とPSAグループが経営統合するというニュースは衝撃的であったが、その内容を聞いて私はもう1つショックを受けた。

フィアットの小型車は将来、イギリスで「スーパーミニ(supermini)」と呼ばれている、少し大きな小型車セグメントへ移行するという。

「supermini」はイギリス独特の用語。語源は、オリジナル・ミニよりも洗練された少し大型で、横置きエンジンのFFモデル。

 

つまり、500とパンダというフィアットのショールームで長年人気を博してきた2モデルが、次世代では40cmほど大型化されるのだ。

「スーパーミニ」と呼ばれるコンパクト・モデルの全長が約4mなのに対し、現在のフィアット500の全長は約3.6mである。

大きくなるフィアット500 私は愛せるか?

フィアット小型車の大型化という話が、なぜ気になるのだろう?

その理由は自分でもはっきりとはわからない。だが、フィアット500の現行モデルが、その原型であるヌォーヴァ500(だれもが記憶している1960年代の愛らしい小型車)よりどれほど大型化したかを、写真で比較したりしてすでに知っているからかもしれない。

全長が長くなれば、そのぶん車重も増えて軽快さが薄くなり、スタイリングも凡庸になるだろう(5ドア・ワゴンの500Lを思い浮かべれば、この点は明らかだ)。

とはいえ、プジョー208と同等のサイズに大型化されても、次期フィアット500を好きになれたらいいと思う。

私が愛せる新型500をつくること。PSAでCEOを務めてきたカルロス・タバレス氏には、新たな挑戦の1つとして、ぜひこの課題に取り組んでいただきたい。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。