クルマ漬けの毎日から

2019.12.17

100字サマリー

1960年代、ローバーとBRMは、ガスタービンを動力源とするレーシングカーを共同開発していました。その絵画が、イギリスの自動車博物館に寄贈。そこに登場したのが、ジャッキー・スチュワートです。

【クロプリー編集長コラム】ジャッキー・スチュワートが駆ったガスタービン車

もくじ

伝説のガスタービン車 ローバーBRM
忘れられないレスポンス

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

伝説のガスタービン車 ローバーBRM

ブリティッシュ・モーター・ミュージアム(英国ゲイドン)で楽しい日曜日を過ごした。

往年の名ドライバー、ジャッキー・スチュワートが、画家のマイケル・ターナーの素晴らしい作品をこの自動車博物館で披露したのだ。

描かれているのは、かつてローバーとF1コンストラクターのBRMが共同開発したガスタービンのレーシングカーだ。スチュワートは、1965年のル・マン24時間レースにこの歴史的マシンで参戦しており、自身が披露したこの作品にドライバーとして描かれている。

この絵画は、デビッド・オーエンの厚意により博物館に寄贈された。デビッドは、ルベリー・オーエン社というサプライヤーの大手で、かつてBRMのグランプリカーの製造も行なっていた会社の社長を務めていた。

デビッド・オーエン、マイケル・ターナー、ジャッキー・スチュワートの3人は、なごやかな雰囲気のなかで30分間、会場からの質問に答え、私はその司会を務めた。

忘れられないレスポンス

ジャッキー・スチュワートは、このレーシングカーのスロットル・レスポンスについて、「このマシンはガスタービン車なので、少し遅れて反応しました。つまり、エンジン音がピークの時よりも、スロットル・オフ直後の方が速いのです」と率直に語った(タイムラグが発生するのは、ガスタービンの特徴)。

さらに、こんな冗談も飛び出した。「グラハム・ヒルと私は、スタート前に協定を結びました。こんなおっかないクルマは途中でコースアウトして、さっさと家へ帰ろうと」

スチュワートとヒルは、1965年のル・マンで10位という結果を残している。

イギリスのテクノロジーを広く世界に伝え、タービン技術の発展に貢献したといえるだろう。タービン技術は今なお重要な役割を担っており、ジェット機、スーパーチャージャー、ターボチャージャーなどに使われている。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。