クルマ漬けの毎日から

2020.01.13

サマリー

父が生前に造ったレーシングカーが発見される、という出来事が、クロプリー編集長の知人に起きました。レーシングカーと初対面した息子。彼と父のマシンは、今後どのようなストーリーを展開していくのでしょう。

【クロプリー編集長コラム】父が遺したレーシングカー

もくじ

父 モータースポーツ界で活躍
初対面、そして今後

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

父 モータースポーツ界で活躍

モータースポーツUKのCEO、ヒュー・チャンバースに会いに、ロンドンの西郊外にあるこの会社の本社を訪ねた。

いくつか重要な事柄を話すことが訪問の目的だったが、その1つとして、最近見つかった素晴らしいワンオフのレーシングカーの話も含まれていた。このマシンは、チャンバース家のファミリー・ヒストリーにとって極めて重要な1台なのだ。

ヒューの父、マーカス・チャンバースは、イギリスのモータースポーツ界で名の知れた人だった。1950年代には、BMC(オースティンやモーリスなどのブランドを持っていた大手自動車会社)のモータースポーツ部門の初代マネージャーを務めていたことがあり、その後、ルーツグループ(ヒルマン、ハンバーなどを傘下におさめていた大手自動車会社)へ移って活躍した。

さらにマーカスは、息子のヒューが生まれる前に、オースティン・セブンをベースにした単座の「ホワイト・ラビット・スペシャル」と呼ばれる素晴らしいレーシングカーを造り、レースに参戦していたことでも知られていた。

だが、息子のヒューはこのマシンを見たことがなかった。

初対面、そして今後

ところが偶然にも、最近私は、編集部から比較的近くにある「スタジオ434」と呼ばれる自動車コレクションで、このホワイト・ラビット・スペシャルを見つけたのだ。

スタジオ434のオーナーは、企業家のロジャー・ダディングという人物だ。その後、ヒューはダディングに会い、父が造ったレーシングカーを初めて自分の目で見た。

2020年に、ヒューはあることを実行しようとしている。父が遺したこの旧いレーシングカーにふさわしいイベントを見つけて、レースに出場しようと計画しているのだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事