クルマ漬けの毎日から

2020.01.25

100字サマリー

小型車が好きなクロプリー編集長は、チェコのスコダが製造する小型EV「シティゴ」に試乗しました。欲しいクルマのことをいつもあれこれ考えている編集長ですが、また1つ悩みが増えました。

【クロプリー編集長コラム】買うなら今 小型・廉価モデル

もくじ

小型・低価格車 その未来は?
その魅力 楽しさと安さ

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

小型・低価格車 その未来は?

最高に楽しいことは、極めてシンプルなのが通例だ。アムステルダムへ行き、このことを実感した。

この出張の目的は、2台のスコダに試乗することだった。1台は「スペリブ」という昔からスコダに馴染みのある名を持つ大型モデルで、今回試乗したのは、そのiVプラグイン・ハイブリッドである。

もう1台はEVの「シティゴ」で、フォルクスワーゲンe-up!のスコダ・バージョンにあたる。

私はシティゴに大きな関心がある。その理由は、最近PSAグループのカルロス・タバレスをはじめ、自動車業界の経営幹部たちが、小型で簡素な低価格車の前途には、暗雲が立ち込めているとほのめかしているからだ。

このシティゴはまさに、そういう小型車なのだ。

その魅力 楽しさと安さ

コリン・グッドウィンと私は、小型車シティゴでアムステルダムの道路を1時間ほど運転し、ハンドリングの良さと軽快さを楽しんだ。

丸石で舗装された道路では、EVのシティゴは、ガソリンエンジン搭載のシティゴよりも良い走りをすると感じた。大量のバッテリーを積載していることで、ノイズの遮音性が向上しているのかもしれない。

ともかく、基本価格1万7000ポンド(約246万5000円)というこのクルマは、非常に魅力的だ。それに今、こういうシンプルなクルマは、消滅の危機に立たされているのだ。

「買うなら今だ」という声が、頭の中で何度も聞こえている。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。