クルマ漬けの毎日から

2020.02.03

100字サマリー

久しぶりにヴァンテージに試乗したクロプリー編集長。2017年に発表された現行ヴァンテージに感心すると同時に、70年代に乗ったアストンを振り返っています。どのように進化しているのでしょうか。

【クロプリー編集長コラム】70年代のアストンと、現代のアストン マーティン・ヴァンテージ

もくじ

70年代のアストン どんなクルマ?
最新ヴァンテージ 毎日気軽に乗れるクルマ

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

70年代のアストン どんなクルマ?

小型のアストン、ヴァンテージを前回試乗したのは随分前のことだ。

その間にヴァンテージは大きく変化しており、今回の試乗ではその違いを実感している。

私が初めてアストンに乗ったのは1970年代後半で、6気筒のDBS、それにV8の“サルーン”(2ドア/4シーター)だった。

当時のアストンのアプローチは、自分たちの技術と経験が正統であると自認する、パワフルで荒削りなマシンをつくることだった。そして、単に大型で高価、かつレアなものをつくるよりも、むしろ良いのだと私たちドライバーを説得することがアストン流のやり方だった。

そして、そこには真理があった。だからこそ、当時のアストンにとんでもなく高値がついていることに、私は疑問を感じている。

その時代のアストンがどんなクルマなのかを知っているからだ。

最新ヴァンテージ 毎日気軽に乗れるクルマ

しかし、この最新のヴァンテージはかつてのアストンとはまったく別物だ。

俊足で洗練されており、また快適なので、アストンを運転する独特の喜びをより多くのドライバーに伝えることができる。怖いと思うこともなく夢中になれるのだ。

なかでも素晴らしいのは、気軽に楽しめるクルマであることだ。ドアは大きく、キャビンは控え目な(しかし、くつろげる)空間となっている。ドライビング・ポジションはほぼ完璧だし、シートは長距離運転での快適性と素早いコーナリングの安全性の両方を提供する。

また、エクステリアはコンパクトで、交通量が多い路上でも扱いやすい。さらに私からの最高の賛辞として、このアストン・ヴァンテージは、ポルシェ 911と同様、気軽に日々を共に過ごすことができるクルマだとお伝えしたい。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。