社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.02.09

100字サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。タイヤをミシュランのパイロット・エグザルト(Nタイヤ)に換えてから、気になっていたことがあります。Nタイヤってそもそも何なのか? 聞きに伺いました。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第102話:「Nタイヤ」とは何なのか? ミシュランに聞いてみた。

もくじ

「Nタイヤ」って、いったい何なんだ?
ところで、Nマークってそもそも何なのか?
Nタイヤは、いったい何がちがうのか?
同じ『Nタイヤ』でも味わいはそれぞれ

「Nタイヤ」って、いったい何なんだ?

photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

シャカヨン号(1979年型ポルシェ911 SC)のタイヤをミシュランのパイロット・エグザルトPE2(Nタイヤ)に換えてから、「正しいチョイスだ」というメールをたくさんいただいた。

同時に「同じ銘柄でもNなし/Nありでは、どう違うのか? ぜひ聞いてきてほしい」というメールも同じくらい多くいただいた。

僕もそう思っていた。

今回お話を伺ったのは、日本ミシュランタイヤ・ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀さん。タイヤのなかでも乗用車(なかでもスポーツ/コンフォート系)が専門領域。マーケティング部の所属で、ブランド戦略マネージャーという肩書をもつ。

日本ミシュランタイヤ・ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀さん

パイロット・エグザルトPE2は2008年以降からラインナップされる古株で、位置づけは「ベーシックスポーツ」とのこと。古株といっても1979年当時のシャカヨン号(ポルシェ911 SC)の純正タイヤと比べると、はるかにモダンだ。

Nマークの起源は、964の世代以降だとミシュランは考えている。そのときのタイヤは「MXX」。フラッグシップの位置づけだった。

エグザルトを端的に表現すると「バランス」だという。グリップ/乗り心地/レスポンスのどれか1つを尖らせるわけでなく、すべてを調和させることをめざした。

いたずらに反応を鋭くするだけの「スポーティふう」の化学調味料には頼らない。自然に、高い次元で調和させることで、結果的に速く(かつ安全に)走らせることができる。ポルシェの思想にも近いと思った。

ところで、Nマークって何なのか?

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。