Juju(野田樹潤)ブログ

2020.02.29

サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。ちょっと前のことですが、デンマークでマシンを引き取りした日を振り返ります。トラブルがありつつも一件落着ですが、本当にたいへんなのは、これからのよう。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第26話:デンマークでマシン引き取り たいへんなのは、これから

もくじ

デンマークでどんなマシンに乗るのか
トラブルつづきの引き取り 感謝!
たいへんなのは、これから

デンマークでどんなマシンに乗るのか

今回は新しいマシンのことや、これからの生活についてお話しようと思います。

まずは、マシンについて。

「デニッシュF4チャンピオンシップ」を一緒に戦ってくれるレース車両は、これまでまったく触れたことのないマシンで、他のチームで使っていたものをJuju用にカスタマイズして使う予定です。

ミゲール製のシャシーに、ルノーの2Lエンジンを載せていて、重さはこれまで乗っていたF3マシンより、ちょっと重いぐらいかな? 全体の大きさも、それほど変わりません。

でも、中は体格の大きな人が乗れるようにすごく広く作られているので、わたし専用に詰め物をして、体にフィットさせてから使います。

真夜中のシート調整。

バラして組みなおしてから、ポジションやセッティングを整えるまでは、だいたいひと月ぐらいはかかるっていわれていて、ボディカラーもちゃんとJujuカラーにするので、かなり大変!

マシンは2台用意しています。1台は本番用、もう1台はスペアカーです。

本番用のクルマが仕上がるまではスペアカーで練習して、仕上がってきたらスペアカーのほうを見直して、交互に走らせていくという感じですね。

今から、運転したくてウズウズしています。早く仕上がるといいな~。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事