クルマ漬けの毎日から

2020.03.16

100字サマリー

ヨーロッパの自動車市場で長らく主役を演じてきたディーゼルには今、逆風が吹いています。しかし最近、大型SUVのディーゼルを日常の足としているクロプリー編集長は、その優秀な燃費を再認識しました。

【クロプリー編集長コラム】大型SUV、VWトゥアレグの燃費に感動

もくじ

ヨーロッパ 高まる環境意識
嬉しい この燃費

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

ヨーロッパ 高まる環境意識

大型SUVのフォルクスワーゲン・トゥアレグを運転していても、だれも私を冷ややかな目で見たりはしない。

一方、このクルマをすでに9500マイル(約1万5300km)ほど走らせ、その長所を知り尽くしていながらも、(おもに欧州で)反ディーゼルや反SUVの意識が社会に広がっている現在では、こんなクルマを走らせていると肩身が狭いと感じる時もある。

そんなある日、トリップメーターにこのような数値が表示されたので、すぐに停車して証拠を残した(写真参照)。

嬉しい この燃費

満タンにした後、トゥアレグは352マイル(566km)走行しているが、驚くべきことに、まだ570マイル(917km)走行可能な燃料が残っている。

高いレベルの排ガス規制に適合しているこのクルマは、市街地と郊外の両方(高速道路も含む)を走行して、「47.6mpg(16.9km/L)」という燃費を実現したのだ。

これを見たら、ディーゼルは環境に悪いと目の敵にしなくてもよいと思うが、皆さまはどうお考えだろうか?

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。