社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.04.30

サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。すこし前のこと。シャカヨン号(1979年式ポルシェ911 SC)で、ほとんど一気に1755kmを走りました。そして、1つ、心に決めたことがありました。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第107話:ロング・ライド。そして結婚します。

もくじ

ほとんど一気に1755km
「結婚、まだですよね?」
目を背けてはならないこと

ほとんど一気に1755km

東京から、九州の大きくも小さくもない町までシャカヨン号(1979年式911 SC)で走った。すこし前の話。1月27日の18時に出発し、28日のお昼に着いた。

相棒はトシキくん。皆さん覚えているかなあ。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第19話:そうして、いろは坂へ。

休憩はいちどに30分以内と決め、交代でリードしながら、ひたすら走った。ただひたすら。

休憩/仮眠は最大30分と決めて走り続けた。

首都高(池尻)→東名高速→新東名高速→伊勢湾岸道、新名神高速道路……東九州自動車道。途中、西宮ICからミスコースをし、総走行距離は、1755kmにのぼった。燃費は9.10km/Lとなった。

大解剖せずに済んだミッションは、調子がいい。

「細かいところも調整しておいたから」というシンリュウの箭内(やない)さんの言葉を思い出す。1速には、以前よりもさらにスムーズに入る。2速、3速と節度感をもって、しっかりとした感触をもってインサートされる。

ミッションはかつてオーバーホールしているとわかったため、そのぶんの費用をハブベアリングに回した。これがまた、フィールを大きく変えた。とにかく静かなのだ。アクセルオフ時も滑空しているようだ。

一度だけミスコース。

40年前、シャカヨン号が新車だったころは、こんな乗り味だったのだろうか?

夕方に出発し、日付が変わり、闇夜をどんどん突き進んだ。いろいろなことを考えた。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気記事