Juju(野田樹潤)ブログ

2020.05.05

サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第29話でコース・レコード更新をお伝えしていますが、さらにコンマ2秒の記録更新を達成! 自分の心の中、更新時の周りのリアクションが鮮やかに描かれています。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第32話:うれしいお知らせ! さらにコース・レコード更新 コンマ2秒上回る

さらにコンマ2秒のコース・レコード更新

またもコース・レコードを更新!

今回は、うれしいお知らせをお届けします。

いつも練習している「パドボルグ・パーク・サーキット」のコース・レコードをコンマ2秒上回るタイムを出したことは、すでにご報告しましたね。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第29話:ハッピーな2つのお知らせ 開幕戦にむけて絶好調

なんと、この前の練習走行でさらにコンマ2秒ちぢめ、58秒8をマークすることができました! パチパチ~~~!

コンディションは、あまり良くはなかったんです。風も強かったし、コース上は砂っぽくて、どちらかといえば走りづらかった。

それでも、58秒台のハードルはそんなに高いものじゃないと思ってました。

というのも、最初にコンマ2秒更新したときは、中古のタイヤだったんです。

だから、新品のタイヤで走ったらもっといいタイムが出せるんじゃないかなと。

メカニックからも「Jujuだったら出せるよ!」って言われていたし、「わたしなら絶対できる!」っていう自信もあったけれど、実際に58秒台を出してみたら、すごくうれしかったです!

いつもはわりとしずかに喜んでるのに、今回はピットに戻ってきた瞬間「やった~~~!!」って声あげちゃいましたもん。

それに、他のチームの人たちからも、「Juju! クイック―!!」って声を掛けてもらったりしたので、わたしも「サンキュー!」って返したりして。こういうのって照れるんだけど、実はけっこううれしいです!

もしかしたら、わたしより喜んでいたのは、メカニックのみんなかもしれないな。

みんな、「このマシンなら、58秒台が出せる。だれよりも速いクルマを作って、Jujuにドライビングさせるんだ!」と思いながらいつも作ってくれているので。

練習の前日も夜中までマシンを組んでいて、近くで見ているとその思いがすごく伝わってくるんですよ。

そんななか、「58秒台なんて、絶対ムリや!」って、キビシめに予想していたのがお父さん。

たしかに1か月前は59秒8ぐらいのタイムで、ほかのF4の仲間たちも59秒5ぐらいだったから、そこまでタイムが伸びるとは思ってなかったんでしょうね~。

どうですか? 1か月間でこの成長!

今はすごくチームの雰囲気もいいし、わたしとしても勢いに乗っているので、このいい流れのなかで早くレースがしたいです。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事