Juju(野田樹潤)ブログ

2020.06.19

サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。6月20〜21日は、いよいよ、デンマークでの初レースです。ユランズリンクの走行を前に、F1ジャーナリストのウィル・バクストンさんの称賛コメントをご紹介します。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第36話:F1海外ジャーナリストの称賛! 6月20〜21日 ついに初戦

デンマークでついに初戦

6月20〜21日は、いよいよ、デンマークでの初レースです!

これまで2回にわたってレースが中止になっていたので、「やっとチャレンジできる!」という待ち遠しい気持ちでいっぱいです。

準備は順調に進んでいますよ!

ユランズリンクはかなり難しいコースって聞いているんですけど、シミュレーションもやってきたし、トレーニングもしてきたし、本番に向けて気持ちを高めていこうと思ってます。

そんななか、F1公式ファンサイト「F1 Fan Voice」に掲載された動画に、うれしいニュースを発見しました!

F1ジャーナリストのウィル・バクストンさんが、ファンからの「今一番期待している若手ドライバーは誰ですか?」という質問に対して、次のようにコメントしています。

「ジュジュ・ノダです。彼女はまだF1に参戦できる年齢ではありませんが、10歳から12歳ごろの活躍を見るだけでも、特異な才能の持ち主だとわかります」

「もちろん今後国際的に活躍してくれるか否かはわかりませんが、彼女が男性ドライバーたちを蹴散らすことになれば世界は熱狂するでしょう」

「彼女の動画やタイムを見ても驚異的としか言いようがありません。彼女が15歳になる2021年まで待たねばなりませんが、わたしは今からそのレースが楽しみで仕方ありません」

こんな風に期待してもらえてるっていうのは、すごくうれしいですよね~。

ぶっつけ本番のコースで不安もあるんですけど、ひとつでも前のポジションを狙って、がんばります!

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事