クルマ漬けの毎日から

2020.06.29

サマリー

1909年創業のモーガン。クロプリー編集長はその本社を訪ね、新型プラス・フォーを取材しました。この主力モデルの鍵を握るのは、新コンポーネントのアルミ製シャシーです。どのように進化しているのでしょうか?

【クロプリー編集長コラム】モーガン新時代の第2弾、新型車モーガン・プラス・フォー

もくじ

エンジンはBMW製、装備もグレードアップ
注目 アルミ製シャシー

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

エンジンはBMW製、装備もグレードアップ

モーガンの本社(英国ウスターシャのマルヴァーン・ヒルズ)へ行き、新しい主力モデルとなる新型モーガン・プラス・フォーについて取材した。

モーガンの年間生産台数およそ900台のうち、まもなく約半数をこの新型車が占めることになる。

新型プラス・フォーには素晴らしい品質と特徴がある。重量は約1t、モダンなBMW製のターボ付きエンジンは出力258ps。この出力とトルクをドライバーはいつでもすぐに使える。

またお好みならば、6速MTもオーダーできる(すでに販売されている新型プラス・シックスでは、6速MTは設定されていない)。

エントリーモデルの6万3000ポンド(日本仕様は1155万円~)という価格は、先代と比較すると大きく上昇しているが、その分、基本スペックもグレードアップしている。また、新型プラス・フォーの装備品のレベルも上がっている。

注目 アルミ製シャシー

モーガンの素晴らしい新コーポネントは、クルマの内側にほぼ完全に隠れて見えない。

だが、駐車場に戻ろうとしていた途中で、偶然これを目にすることができた。まったく新しいシャシーは、接合されたアルミ製である(写真参照)。

クラシックカーのモーガンは、シャシーの柔軟性が高いことと、段差を越える時の独特のマナーがよく知られていた。

しかし、先に登場した新型プラス・シックスでは、新しいシャシーの剛性が高まったことで、ステアリングのコントロール性能、ロードホールディング、乗り心地、ブレーキ時のスタビリティといった、全般的な進化がすでに実証されている。

プラス・シックスよりもずっと軽量で、かつ重量配分もよい新型プラス・フォーは、さらに素晴らしいモデルだろう。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事