クルマ漬けの毎日から

2020.07.25

サマリー

英国自動車製造販売協会によれば、英国での5月のEV登録台数は、前年同月比で21.5%増加しました。一方、ガソリン車は▲90.5%、ディーゼル車は▲93.0%と大幅に減少。その背景には何があるのでしょうか?

【クロプリー編集長コラム】テスラの人気、イギリスで急上昇

もくじ

テスラへの買い替え 目立つ
今、テスラを選ぶ理由

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

テスラへの買い替え 目立つ

最近、友人の何人かが、クルマを思い切ってテスラに買い替えている。

彼らは皆、これまでクルマ選びに冒険心があった人たちではない。だが、どうやらこういう人たちはイギリスだけでなく、ヨーロッパ中に大勢いるようだ。

テスラ・モデル3

今、テスラを選ぶ理由

イギリスやヨーロッパ各国で長く続いた外出制限はこの1か月で、徐々に緩和されてきた。

こうした状況下で、人々は以前とは何か異なることをしたいと考えているようだ。

その気持ちは、私にもよく理解できる。結果として、皆こぞってEVを買っているのだ。

テスラ・モデル3

特にテスラの販売台数は急上昇しており、このアメリカ製の電気自動車を買うのは、もはや型破りな選択とはいえなくなっている。

このトレンドは続くと予想している。

郊外の充電ステーションの数に課題が残っている限り、航続距離の長いテスラ・モデル3は、パフォーマンスと実用性を争う、強力なライバルEVが存在しないクルマであり続けるだろう。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。