クルマ漬けの毎日から

2020.08.13

サマリー

クロプリー編集長は2015年製のマツダMX-5(ロードスター)を持っています。しかし、最新のMX-5への買い替えを検討中です。慣れ親しんだ2015年製か、それとも進化した最新モデルを選ぶのか、悩みはつきません。

【クロプリー編集長コラム】2台のマツダ・ロードスター 2015年製 vs 最新モデル

もくじ

見た目は同じ でも、中身は違う
進化した最新モデル

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

見た目は同じ でも、中身は違う

2台のマツダMX-5(日本名:ロードスター)を乗り比べて、素晴らしい週末を過ごした。

このところずっと、最新スペックのMX-5を手に入れたいと思い続けている。最新のイギリス仕様はパワーが20%アップし、レブリミットの回転数も7500rpmへと上がっている。

また、サスペンションのダンパー性能も向上し、ステアリングにはテレスコピックが追加された。私が所有している2015年製とは見た目は同じでも、中身は異なるのだ。

レッドがクロプリー編集長のMX-5、ホワイトが英国マツダから借りた最新モデル。

実際に2台を比較すると、興味深い点がいくつもある。

普通に走っていると、乗り心地は私のMX-5のほうがよいように感じる。

しかし、少し速度を上げると、2015年製はサスペンションの動きが大きくなり、こういった運転を楽しみたいクルマに必要なボディのコントロールが、十分とはいえない。それにエンジンも、最新モデルと比較すると息切れしているように感じる。

進化した最新モデル

マツダからお借りした最新モデルには、ビルシュタイン製のダンパーが装着されている。加えて、販売店でアイバッハのキットが後付けされているので、車高は下げられ、乗り心地も少し硬い。

だが、うまくコントロールされた乗り心地なのだ。

ステアリングフィールもよく、コーナリングでの安定性も高くなっている。率直に言って、最新モデルは私のMX-5よりもずっとよいのだ。それに、エンジンも活気がある。

いま私は、二者択一を迫られている。

明らかに速い最新のMX-5を買うのか、それともこれまでのMX-5を持ち続け、およそ1000ポンド(13万5000円)という手頃なコストをかけてサスペンションをアップグレードするのか。

もしこれまでの個体を持ち続けるならば、サスペンションに加え、エンジンをチューニングして出力を200bhpまでアップさせたとしても、出費の全額は4000ポンド(54万円)程度で収まる。

しかし最新モデルに買い替えれば、およそ1万5000ポンド(202万5000円)の費用が必要になる。

よく考えて、納得のいく結論を出したいと思う。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事