クルマ漬けの毎日から

2020.08.28

サマリー

ロールス・ロイス・ゴーストの新型車が、2020年後半に発表されます。このモデルの位置付けは、これまでとは異なるラグジュアリーになるとのこと。その詳細は、デビューまでに少しずつ明らかになっていきます。

【クロプリー編集長コラム】ラグジュアリーの再定義 新型ロールス・ロイス・ゴーストに注目!

もくじ

新型ゴースト どんなラグジュアリーに?
現行ゴーストのこと あれこれ

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

新型ゴースト どんなラグジュアリーに?

次世代のラグジュアリーについて、聞いたことがあるだろうか?

ロールス・ロイスは、新型ゴーストを発表するまでの一連のコミュニケーションのなかで、私たちにこの概念を理解させてくれる。

最近、AUTOCARのイギリス編集部にロールス・ロイスCEOのトルステン・ミュラー・エトヴェシュからレターが届いた。さらにその後、ロールス・ロイスのデザイナーたちからも、映像が届いている。

次世代ゴーストのティザー画像

その要点をまとめると、究極の富とラグジュアリーに長年つながりを持ってきたロールス・ロイスは、(現行ゴーストと同様に)新型でも、実用的な走行性能を提案していくという。

ただし、高いスタンダードを提供しながらも価格を抑え、平均価格25万ポンド(3500万円クラス)のサルーンを手に入れたいと思う人たちが、ターゲットになるという。

現行ゴーストのこと あれこれ

レターと映像を見たあとで、新型ゴーストを手掛けたデザイナーたちは、さぞ厳しい仕事に取り組んだにちがいないと、ふと思った。

なぜなら、現行ゴーストが非常にスタイリッシュ、かつ優雅なクルマだからだ。前後にわたって伸びる力強いラインが、私は大好きだ。

ロールス・ロイスCEOから届いたレター

それから、かつてBMWグループのデザイン部門を統括していたクリス・バングルのことも、思い浮かんだ。

バングルは、初めてデザインスタジオでゴーストを見た時、どのような感情に襲われたのかを私に話してくれたことがある。ゴーストがとても美しかったので、彼は大きな感動に襲われたのだ。

中古車ウェブサイトで、程度のよいゴーストの価格を確認してみたところ、現在7万ポンドほど(1000万円相当)で手に入れることができる。なんとも魅力的な金額だが、この中古車を買うのは危険をはらむ冒険になるだろう。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事