Juju(野田樹潤)ブログ

2020.09.13

サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。フランス遠征でラップレコード! 7月初旬にポールリカール・サーキットでの走行を振り返ります。まずはじめにしたこと。独特の練習方法はレース未経験者でも面白いです。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第39話:フランス遠征、ラップレコード出しました!

もくじ

フランスに特訓に行ってきました
サーキットで最初にしたこと
前日のタイムをさらに1秒縮めた!

フランスに特訓に行ってきました

こんにちは、Jujuです。

今回はフランス遠征! なんと有名なポールリカール・サーキットを走ってきた時の話です。

前回のブログ、オンラインファンミーティングの最後のところで少しだけ触れましたが、実は6月20日~21日のユランズリンクのレースを終えた後、7月初旬にフランスに特訓に行っていたのです。

どうしてフランス、ポールリカールなのか?

監督(お父さん、野田英樹)によれば「高速コーナーを練習するため」だそうです。というのもデンマークのサーキットは低速コーナーが連続する小さなサーキットが多く、なかなか高速コーナーを練習する機会がないのです。

Jujuのお父さんであり監督の野田英樹。

それに今年はレースに参加できる年齢の関係でデンマークF4選手権に参戦しているわたしですが、来年以降は他の国の選手権を走っている(?)ことだってあるかもしれないので、メジャーなサーキットを体験しておいた方がいいだろうということもあります。

フランスまでは、もちろんチームのトランスポーターにマシンを積み込んで走っていきました。デンマークから南フランスまではドイツを縦断していく長旅ですけど、陸続きなので、できないわけではないのです。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事