Juju(野田樹潤)ブログ

2020.10.03

サマリー

Juju(野田樹潤)のデンマークF4挑戦。第7〜9戦をサクッと振り返ります。思い通りのレースとはいきませんでしたが、いろいろなことが見えてきました。「結果でやりかえそうと思ってます」と意気込んでいます。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第41話:第7〜9戦の速報 やられたら? 結果で倍返し!

もくじ

3ラウンド連続のポールポジション!
当てられました ポールを活かせず
わたし、やられても引き下がりません

3ラウンド連続のポールポジション!

今年、わたしが参戦しているデンマークF4選手権は9月に入ってからが忙しいんです。

9月と10月に2ラウンドずつ。1ラウンドが3レースあるので、月6回もレースをするのです。

さて今回は9月27日にリング・ジュルスランドで開催された7戦から9戦の模様をレポートしようと思います。

予選は各ラウンドの最初に1回ずつあります。これまでの2ラウンドはポールポジションを取れているので、3回目となる今回も当然ポールを取る気持ちで頑張りました。

といっても今回レースが行われたリング・ジュルスランドは、わたしにとっては初めて走るコースなのに、ライバルたちは熟知しているという若干不利なシチュエーション。

だから走りはじめはずいぶんとタイム差がありました。でも少しずつタイムアップして、コースの勘所のようなものがわかってきたところで予選に挑みました。

予選では開始10分後にトップタイムを記録できました!

でもきっとライバルがもっとタイムを上げてくるだろうと思っていたらやっぱりそうでした。

なんとわたし、一時は4番手まで落っこちてしまったんです。

でもこのままじゃ終わらせないぞと思い、予選が終了する寸前にアタックして、2位に0秒015差をつけてポールポジションを獲得できました。3戦連続、やった~!

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事