Juju(野田樹潤)ブログ

2020.10.03

【Juju(野田樹潤)ブログ】第41話:第7〜9戦の速報 やられたら? 結果で倍返し!

当てられました ポールを活かせず

前回は人生初のウエットレースも体験しましたが、今回は1デイ・イベントだったこともあり天気は全レース晴れ。

ちなみにリング・ジュルスランドは1周1.75kmという短さ。いちおうストレート区間もありますが、コーナーが多くて目まぐるしいコースです。

第7戦、ポールからのスタートでしたが、1コーナーまでに2番手の選手に抜かれてしまったんです。2周目にはもう1台に抜かれて3位に。

よーしここから追い上げるぞーと思って集中集中。

必死に前を追いかけました。ところが15分のレースがちょうど残り半分を過ぎた時、わたしの後ろを走っていたベンジャミン・フライスルンド選手が、低速コーナーの進入でタイヤをロックさせながらわたしのイン側に突っ込んできたんです。

わたしはなす術もなくはじき出されてしまい、なんと10位に転落。残念ながらラップ遅れになるほどのタイム差があったので挽回はできませんでした。

続く第8戦はほぼ最後尾の10番手スタートでした。スタートでアウトから3台抜いて7位に浮上。さらに1台抜いて6位。第7戦と違って予選が速さ順ではないので、レース序盤は団子状態の混戦でした。

ところがレース中盤になって、先ほどのレースで勝ったマッズ・ホー選手をアウトから抜こうとしたとき、またしても当てられてしまい、わたしがはじき出されてしまったのでした。

また10位まで落ちて追い上げです。最後は7位まで順位を上げましたが、それが精一杯でした。

開幕戦で勝って以来、だんだんマークがきつくなっているなぁとは思っていましたが、いよいよサイドバイサイドとなると容赦ない感じでしたね。

日本から来た女の子に前を走られるのがそんなにイヤなのかな?

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3に挑戦。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカF4 US→デンマークF4。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

人気テーマ

 
 

おすすめ記事