クルマ漬けの毎日から

2020.10.26

サマリー

ポルシェ・パナメーラの試乗会が英国で開催されました。新型「4S Eハイブリッド」を試したクロプリー編集長は、パワー、走行安定性、乗り心地など多くの点に感心していますが、1つだけ気になることがあります。

【クロプリー編集長コラム】ポルシェ・パナメーラの試乗会 英国で開催! 新型PHEVに試乗

もくじ

注目はパワーだけじゃない
唯一気になる 車幅

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

注目はパワーだけじゃない

ポルシェが英国南部の田園地帯にある居心地のよいパブに、期間限定のロードテスト会場を設営した。

ここを拠点に、私たち自動車ジャーナリストは大型サルーンの新型パナメーラ4S Eハイブリッドに試乗することができた。

電気モーターとフロントに搭載されたV6エンジンは、総合出力560ps、統合トルク76.5kg-mという猛烈なパワーを発し、また0-100km/h加速はわずか3.7秒と発表されている。

しかし、このずば抜けたパフォーマンスは、新型パナメーラ4S Eハイブリッドを語るうえで一部の要素でしかない。

このPHEVモデルの純粋なEVとしての航続距離はおよそ34mile(約55km)であるが、電気駆動による約130km/hまでの滑らかな走りは、実に素晴らしい。

また、走行中の安定性も極めて高く、乗り心地も洗練されている。この点は、ドライビングモードを「スポーツプラス」に選択している時も同じだ。

唯一気になる 車幅

イギリスでは現在、パナメーラの購入者の60%がPHEVを選択しているというが、これには納得がいく。

ところで、私はパナメーラのことでただ1つ、車幅が気になっている。

小さな村の細い道路を走る時は、たえず車幅を気にしながら運転しなければならず、快適とはいえない。

とはいえ、いつも言っていることだが、新型ポルシェに接すると、気持ちが高揚する。

近づくとすぐに、その極めて高品質なつくりに目を奪われ、そして幸せな気分になるのだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事