クルマ漬けの毎日から

2020.11.29

【クロプリー編集長コラム】万能なスズキ・イグニス、永遠に愛されるクルマになれるか?

イグニスで取材へ

早朝5時。スズキ・イグニスに乗り込み、グロスターシャーの自宅を出発し、コーンウォールへと向かう。

イングランドでは再び外出制限が行なわれている。そのような中、たとえ「仕事」という合法的な理由とはいえ、長距離の移動をすることに後ろめたさを感じながら、出発する。

道路を走っているのは、ほとんどがトラックだ。

外出制限によって、イングランド西部の高速道路の交通量は少なく、数台のトラックが時速90kmで2本の走行車線を競うように走っている。

一方、追い越し車線は、時速105km~120kmの高速で走る食料品を運ぶ4トン車のバンと、私のイグニスの専用レーンのようになっていた。

燃費も優秀

この日の移動は2行程で、まず目的地コーンウォールのニューキーへ行く。

そこで5時間の打ち合わせをした後、自宅へ戻る。全部で約640km走行し、また平均時速92kmで走った結果、燃費はトータルで51mph(18.1km/L)という優秀な数字を記録した。

休憩するために給油を2回行なったが、1回に15リッターしか給油しないので、なんだか馬鹿げたことをしている気分になった。

この素晴らしく万能なイグニスは、クリスマス休暇の間、わが家にとどまる予定だ。その間に雪が降ってほしいと願っている。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事