クルマ漬けの毎日から

2021.03.16

ゴードン・マレーは、サーキット専用モデルの「T50sニキ・ラウダ」を2月にお披露目しました。このクルマが元F1世界チャンピオンの名を持つ理由は、1978年のGPカー「ブラバムBT46B」と関係があります。

【クロプリー編集長コラム】ゴードン・マレー、親友ニキ・ラウダとの思い出を語る

もくじ

マレーとラウダ ブラバムの同僚
驚異のBT46B 予想外の勝利!

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

マレーとラウダ ブラバムの同僚

ゴードン・マレーにオンラインで取材をし、最近お披露目された「T50sニキ・ラウダ」のネーミングについて話を聞いた。

このクルマは、マレーが手掛けた軽量のサーキット走行専用モデルで、V12エンジンを搭載する「ファンカー」である。

1978年、スウェーデンGPで勝利したマレーのファンカー「ブラバム BT46B」。LAT/Motorsport Images

話は遡るが、1978年のスウェーデンGPで、ニキ・ラウダはマレーが手掛けた「ブラバムBT46B」で優勝している。

しかしこれは、革新的なBT46Bの最初で最後の勝利となった。

マレーが開発した「ブラバム BT46B」のテールエンドに装着されたファン。

ブラバムBT46Bのテールエンドに取り付けられたファンは、車体下側のエアを吸い出して効率よくダウンフォースを発生させ、コーナリングでもライバルのロータスよりも速く走った。当時のロータスは、いわゆる「グランド・エフェクトカー」である。

ブラバムBT46Bは勝利を挙げたものの、この後は出走禁止とされた。だが、ニキ・ラウダとゴードン・マレーは生涯の友となる(ブラバムが禁止措置を受け入れたのは、チームオーナーだったバーニー・エクレストンが、ライバルチームを刺激したくなかったからだという。エクレストンがまさに、F1界のボスとして足場を固めようとしていた時期だったのだ)。

驚異のBT46B 予想外の勝利!

BT46を改良し、後端に巨大なファンを装着したBT46Bは、1勝を挙げるも、その後は出走禁止に。

マレーは当時を振り返って、次のように話した。

「ブラバムBT46Bの速さは驚異的でした。でも同時に、とても手に負えないマシンでもあったのです。ニキはいつも、そのことを率直に口にしていました。スウェーデンGPの出走前にも、私にこう言ったのです。『ゴードン、もし今日勝てたら、あなたは“カーデザインの天才”と呼ばれるでしょうね』と」

「しかし、BT46Bは完走できないだろうと、彼も私も思っていました。だから、勝利を挙げた瞬間は、じつに衝撃的でした。興奮して大騒ぎになってしまい、その時はニキとはあまり話ができませんでした。でも、後で彼が電話をくれて、私にこう言ったのです。『今や文字通り天才ですね、あなたは』とね」

ゴードン・マレーの亡き親友への想いがこめられたT50sニキ・ラウダ。いつか試乗したいと思いながら、オンラインの取材を終えた。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事