クルマ漬けの毎日から

2021.07.23

内燃機関エンジンはいつ終了するのか? 大手自動車メーカーがEVのみを生産する日はいつ始まるのか? その切り替え時期が、今年に入って続々と発表されています。

【クロプリー編集長コラム】見えてきた! 内燃機関からEVへの切り替え時期

もくじ

口火を切った ジャガー
スーパーカーも やがてこの流れに

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

口火を切った ジャガー

衝撃的な大ニュースも、ほんの短期間で普通のニュースになってしまうから奇妙だ。

数か月前、ジャガーが内燃機関エンジンを搭載するクルマを、2025年以降は製造しないと発表した時、まさに新時代が始まったように感じた。

トレーラーで出荷先へ向かうVWのEV。メルセデス・ベンツも先ごろ、「マーケットの状況」が許す地域では、2030年までにオールEVのブランドを目指す準備があることを明らかにした。

だがいまや、フォード、アウディ、ベントレー、フォルクスワーゲン、GMなども内燃機関の終了時期を発表している。

次はどの自動車メーカーがこの発表をするのかと、われわれ編集部は待っている。

スーパーカーも やがてこの流れに

しかし、スーパーカーブランドからは、まだはっきりした発言を聞いていない。彼らの客が大好きな、V8やV12の製造終了を大々的に発表するよりも、この流れに少し距離を置こうと考えるのは理解できる。

マクラーレン・スピードテール(英国仕様)

だが、スーパーカーにも、新時代は程なくやって来るだろう。

つい昨日もマクラーレンの関係者から、スピードテイルをピュアEVモードで高速走行するとどれほど楽しいか、という話を聞いたばかりだ。

EV新時代には、どんなスーパーカーが誕生するのだろうか。とても楽しみだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        ×