クルマ漬けの毎日から

2021.08.18

昨年手に入れた1991年製のロータス・エラン(M100型)。この夏、クロプリー編集長はそのエランで、ロータスオーナーが集うヒルクライムに出場しています。

【クロプリー編集長コラム】ロータス・エランでヒルクライムに参加

もくじ

7月第4週 デビューに向けて まずは準備
7月第5週 祝30周年 マティのヒルクライム選手権
8月第2週 エラン、2度目の出走

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

7月第4週 デビューに向けて まずは準備

ロータス・エラン(M100)をポール・マティが経営するロータス販売店へ持ち込んだ。その目的は、ヒルクライムのデビュー戦に備え、計測プレート(タイミング・ストラット)を取り付けるためだ。

熟練の技術者、ロイ・ベリー(写真)がフロントのナンバープレートと計測プレートを付け替えてくれた。

なぜ、この方法を自分でも考えつかなかったのだろうか?

7月第5週 祝30周年 マティのヒルクライム選手権

ヒルクライムで有名なシェルズリー・ウォルシュ(イングランド西部)で、前輪駆動のロータス・エランを初出走させた。

前述したようにロータス販売店のオーナーで、また私の友人でもあるマティが、このロータス・ヒルクライム選手権を立ち上げてから、今年で30周年になる。そこで、私も参加することにしたのだ。マティは現在も、この大会のスポンサーシップを続けている。

ドライバーの私には、ライン取りの悪さ、下手なシフトチェンジなどの基本的なミスがあったが、エランの走りには見込みがあると感じた。

スタートの速さには驚かされたし、ボディのロールにもかかわらず、ロードホールディングも優秀だ。

興味深かったのは、気温30℃を超える暑さの場合、もっと涼しい時間帯に行なわれた練習走行よりも、どれだけ遅くなるかという点だ。

このイベントの常連で経験豊富な人たちは、この日の朝と午後3時頃で比較すると、私たちのクルマのエンジンは5~8%ほどパワーが落ちていると言っていた。実際、私もそう感じた。

8月第2週 エラン、2度目の出走

さて、今週末はプレスコットヒル(イングランド南西部)で開催されたヒルクライムに参加した。

ドライバーはあまりぱっとしなかったが、私のエランは予想外に評判がよかった。

その理由は、外観の程度のよさと、ボディカラー。また標準ではないマルチスポークの17インチホイールは、特に人目を引いたようだ。

この3点についていろいろな人から声をかけられ、会話がはずんだ。このホイールはローバー用だと聞いているが、どのモデルのものだろうか? ご存じの方は、ご一報ください。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        ×