Juju(野田樹潤)ブログ

2022.04.29

Juju(野田樹潤)の2022年シーズンの初レース、レクセラー・フォーミュラ・カップ第2戦の結果報告です。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第68話:2022年シーズン ドレクセラー・フォーミュラ・カップがモンツァで開幕!

もくじ

下位から始まった、モンツァの週末
オーバーテイクは冷静かつ大胆に!

下位から始まった、モンツァの週末

みなさんこんにちはJuju(野田樹潤)です。

ちょうど今、わたしにとっての今シーズンの初レース、ドレクセラー・フォーミュラ・カップの第2戦、モンツァでのレースを終えたところです。

今回のレースは予選と第1レース、第2レースというかたちでおこなわれました。

予選は雨が上がった直後の路面が湿っている状態でした。

ところがわたしがタイヤを2周温めて、アタックラップに入っている途中、他のクルマをオーバーテイクしようとして接触してしまい足回りを壊してしまいました。

これでわたしのスターティンググリッドは下位に沈んでしまい、ちょっと残念な予選となってしまったのでした。

高速コーナーの終わりのシケインのブレーキングでオーバーテイクを繰り返し、最終的に25位でフィニッシュしました。

予選終了から第1レースのスタートまではあまり時間がありませんでした。メカニックの方たちが懸命にマシンを直してくれたのですが、フォーメーションラップに間に合わず、わたしは完全な状態ではないマシンでピットスタートすることになりました。

ドレクセラー・フォーミュラ・カップは参加台数が多く、今回もなんと39台が出走。

わたしは高速コーナーの終わりのシケインのブレーキングでオーバーテイクを繰り返し、最終的に25位でフィニッシュしました。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。2018年からF3に挑戦。2020年はデンマークF4参戦。2021年はアメリカF4 US→デンマークF4。2022年は「Wシリーズ」を中心に活動する。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」
 
 

おすすめ記事