Juju(野田樹潤)ブログ

2023.09.30

【Juju(野田樹潤)ブログ】第94話:300km/h超えを楽しめた週末! 連続で表彰台!

スタートでトップに浮上し、独走!

レースはいつものようにプラクティスからはじまりましたが、天気は不安定で肌寒い感じ。でも2度目のドライブとなった500psオーバーのパワーと強力なダウンフォースを秘めたビッグフォーミュラはやっぱり楽しい!

最初のプラクティスではクラス3番手に入ることができました。それと同時にわかったことは、9台参加のフォーミュラ・クラスのGP2マシンがとにかく速いこと。

わたし以外の全員(8台)がGP2マシンなのですが、彼らの最高速は30km/hも速いのです!

この週末、はじめて完全なドライコンディション、なおかつニュータイヤで走れた予選は総合で8位、クラス5位でした。でも今回のわたしは順位よりも良い経験を積ませてもらえて嬉しいという気持ちでいっぱいでした。

はじめて完全なドライコンディション、なおかつニュータイヤで走れた予選は総合で8位、クラス5位でした。でも今回のわたしは順位よりも良い経験を積ませてもらえて嬉しいという気持ちでいっぱいでした。

予選が終わったあとに雨が降ったため、決勝レース1はハーフウエットでおこなわれました。今回のレースのスタートはさすがに少し緊張しました。でもわたしはアウト側から一気にトップに立ち、そこから後続を引き離して独走することができました。

トップスピードはやはり不利でしたが、それでもハーフウエットの路面コンディションがわたしに見方をしてくれたのです。

ところがレースが残り4分となったところでアクシデントが発生! セーフティカーが入ったことでわたしのマージンはなくなってしまいました。

しかも路面が乾いてきたため、レースが再開するとあっという間にストレートで後続車に抜かれてしまい、最終的には総合4位、クラス2位となりました。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。2018年からF3に挑戦。2020年はデンマークF4参戦。2021年はアメリカF4 US→デンマークF4。2022年は「Wシリーズ」を中心に活動する。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」
 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像