イベント・レポート

2017.09.16-18

ジャパン・クラシック・ツアー 2017に潜入 脅威の求心力の源を探る

3日目:楽しむための「変化球」を散りばめる

3日目は、まず安曇野アートヒルズミュージアムに向かう。ガラスを使った作品づくりを体験する。サンドブラストを用いた彫刻で浮かびあがるのは、参加者それぞれのゼッケンと本イベントのタイトル。もちろん子どもは大喜びであるうえ、実際に手を動かすのは大人になっても楽しい体験である。

さらに一行は唐沢そばの集落、清水高原へ。と、その前に、シークレットPC競技が待っていた。

本来ならば、決められた区間(距離)を、指定タイムで走るPC競技が本イベントの競技の大部分を占めるが、シークレットPCは、「指定時刻にスタートした後、平均速度37km/hで走る」という指示しか与えられない。

これだけ聞くと簡単そうだが、道路専有しているとはいえ、タイトなコーナーがつづくヒルクライム。たとえば「1kmを◯◯秒で走る」といった細かい割り方をして走るしかない。そんな厳しくも楽しい、(そして結果を左右しやすい)競技が、旅の終盤に用意されているというのもおもしろい。

競技のあと、山の頂上から見える景色を見れば、達成感もひとしお。そしていよいよ、ジャパン・クラシック・ツアー 2017はクライマックスを迎える。

イベント3日目を写真で振りかえる

  • 3日目。打って変わって青空に。

  • ホテルのそばには虹も出ていた。

  • 最初に向かった安曇野アートヒルズミュージアム。ガラスの作品作り。

  • 目に鮮やかな作品が並ぶ。

  • 手を使うのは楽しい。

  • 完成品。自分のオリジナルだ。

  • 作品づくりの場所でもお土産が。

  • ここでも地元のひとと交流。

  • 走る→驚く→走る→驚く。

  • 再スタートを前にコーヒーブレイク。細かな心づかいが嬉しい。

  • 主催者、天野さんの先導車。この大会のシンボルでもある。

  • そうしていよいよシークレット競技へ。緊張感が漂う。

  • このように手計算で挑むひとも。静かだが激しい戦い。

  • ハンドルに貼る工夫もなされる。Sクラス優勝者。

  • 台風の影響で、別のクルマでの参加もすべて認められた。安全第一。

  • スカイランドきよみずでランチタイム。腹ペコだ!

  • そばを中心とした豪勢なメニューであった。

  • 山形村役場では地元でとれた長芋が配られた。

next pageドラマがべつのドラマを引き寄せる