イベント・レポート

2018.5.20

Italian Job 2018——色とりどりのモデファイド・イタリアンが集合

編集部より

春の恒例イベントとして親しまれているイタリアン・ジョブが、今年もいつもの藤橋城前で行われました。今年のメインテーマはモディファイ車両で、雰囲気のあるモディファイを受けた25台が集まり、会場ではボディカラーごとに並べられたのが目を惹きました。

text & photo:クラブマザーヘッド

旧いイタリア車のミーティング

14回目になる、通称イタジョブを今年も岐阜県揖斐郡揖斐川町にある藤橋城前を舞台に開催しました。当日は山間部ならではの清々しい良い天候に恵まれ、まさのイベントにふさわしい日和になりました。

イタリアン・ジョブの参加資格は1975年までのイタリア車で、今回は79台のエントリーを数えました。今年のメインテーマはモディファイ車両で、改造車やレーシングカーではなく、雰囲気のあるモディファイを施された25台を選択しました。一同に並んだ姿は圧巻であり、他のイベントではまずメインとして扱われない車両たちだけに見ごたえも満点でした。

今回はボディカラー別に展示

他のブロックもこだわった整列はイタジョブの定番です。今年はボディカラー別で配置してみました。一番目立つラインに白色、次に黄色、その次にブルー、その次が赤とその他、お城のふもとにグレーといった具合に並んだ光景は写真映えして、メイン会場以上に撮影する人も多くありました

イベントの目的はオーナー同士の交流

やはりイベントの一番の目的はオーナー同士の交流です。14年続けているだけのこともあり、年に一度の同窓会のように会話が盛り上がる光景が随所で見受けられました。

そんな貴重なイタリア旧車を見たい方やクルマ好きの方が、広い駐車場が終日満車になるほど沢山自慢の愛車で見学にきてくださいました。参加者と見学者との交流も盛んで、見学者が乗ってきた趣味車も見ごたえありました。

参加者のために多くのご協賛社から参加者全員分のご協賛品を頂き、抽選にてプレゼントしました。モノタロウさんからのツール&ボックスセット(豪華に2名様!)やエスプレッソメーカーなんて豪華な景品もあり、イベント最後にこの抽選会で大盛り上がりをして無事終了となりました。

15枚の写真でみる詳細レポートは、記事下の「すべての画像をみる」で公開中。

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ