オーテック車、318台集合 AOG湘南里帰りミーティング2018

2018.11.17

100字サマリー

オーテック車オーナーにとってハレの日といえるAOG湘南里帰りミーティング2018が、今年もいつもの大磯ロングビーチ駐車場で行われました。オーナーが対象の招待制コミュニティで、日本各地から熱心なオーナーが愛車と共に集まり、その数はなんと318台でした。

text & photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

「ファクトリー・カスタム」を送り出すオーテック

日産自動車傘下でカスタムカーから福祉車両、そして様々な特装車両などの開発製造を手掛けるオーテックジャパン。「NISSAN」のエンブレムは掲げるものの、量産車では網羅できないこだわりが盛り込まれ、素材となるベース車両を知り尽くした「ファクトリー・カスタム」というさりげなくも個性的な特別なクルマを多数世に送り出してきた。

オーナーが対象の招待制コミュニティ

オーテックジャパンが手掛けたクルマのファンは非常に根強く、同社で出荷履歴のあるクルマのオーナーが対象の招待制コミュニティが「オーテック・オーナーズ・グループ(AOG)」だ。このAOGの年に一度のオフ会として、オーテックジャパンの主催で開催されるのが、湘南里帰りミーティング。湘南茅ケ崎に本拠地を構えるオーテックジャパン。そんなメーカーが世に送り出した湘南生まれのクルマたちが里帰りするというコンセプトで、毎年全国から錦秋真っただ中の日本列島をドライブして湘南に集う機会が設けられているのだ。今回で13回目となるこのイベント。最近では参加希望者が多数にのぼり、抽選になるほどの人気ぶりだ。

今年は好天のもとで開催

昨年は雨天のため大幅に内容を変更して屋内中心のイベントになったが、今年は打って変わって日の出とともに好天が、全国に嫁いでいったオーテック車とそのオーナーの年に一度の里帰りを湘南の青い海と空と共に出迎えた。グループ内での体制変更や、今までどちらかというと日産車の黒子的な仕事が多かったオーテックジャパンの名前を関したブランド「AUTECH」が立ち上がったりしたこともあり、オーテックジャパンの担当する領域もさらに拡大。今回からは全NISMO車も里帰りの参加対象になるなど、そのすそ野はさらなる広がりを見せている。

今年は318台568人が参加

今年は最終的に318台のクルマと、568人の参加者が大磯に大集合。オーナー同士の交流や情報交換など、緩やかなひと時を過ごしていた。車種を区切ってとか、同じテーマでのモディファイ、チューニングで、といったミーティングはこの時期毎週末全国各地で開かれているが、車種を問わず、メーカー主催でというイベントはまだまだ稀だろう。クルマ好きでなくとも、家族の一員として一緒に思い出を紡ぐ愛車との時間を楽しむ。もっとニュートラルにそんな愛車との向き会える旅の機会になっているのが、他のあらゆる自動車イベントとの大きな違いではないだろうか。

何度も参加してこのイベントに来るのが楽しみというファミリーや、なんども応募していたが、なかなか参加できずようやく初めて参加できたという参加者など思いは様々。とてもすべての参加者に話を聞くことはできないのだが、今年の里帰りの模様を振り返っておきたい。

40枚の写真でみる詳細レポートは、記事下の「すべての画像をみる」で公開中。