【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ クルマ趣味を網羅するビッグイベント

2019.4.14

100字サマリー

『 “試乗最大” の自動車体感イベント』として知られるモータファンフェスタがFSWで開催。イベント内イベントも含めて、この日4本のレポート取材を命じられた海老塚記者がやっとの事で1本目を書き上げました。さてさて、どんなイベントだったのでしょうか?

text & photo:Kouzou Ebizuka(海老塚 構造)

クルマ好きのイマを体現した最大級のイベント

戦前よりモーターファン誌を刊行し、現代では雑誌からニュースサイトまで多くの自動車関連メディアを運営する、わが国最大のクルマメディア企業といえる株式会社 三栄(4月に三栄書房より商号変更)が中心となり開催・運営されている自動車イベント『モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ』が、去る4月14日に富士スピードウェイで開催された。

硬派な技術系やモータースポーツ誌から新車情報誌にスーパーカーやチューニングカー専門誌、そしてチョイとヤンチャ系まで、あらゆるクルマ好きの嗜好を網羅する三栄グループのイベントだけに、この日の富士はまさにクルマ趣味のるつぼ状態! 正直なところ旧ネコ・パブリッシングとオートカー・ジャパンのイベントで育ってきた筆者などはカルチャーショックで目がくらんでしまった。

富士の本コースでは様々なレースカーからチューニングカーからスーパーカーに旧車そして電気自動車まで、様々なジャンルのクルマが走り回る。そしてパドックではショップにパーツメーカーなど100社以上のブースが並び、サーキット内の外周路では国内外のあらゆる車種やチューニングメーカーのデモカーなどの試乗も行われるなど、このイベントの全てを一人で完全制覇することは恐らく無理だと思われるほどのスケールの大きさである。

またイベント内で併催される形で『アストンマーティン トラック エクスペリエンスデー』『シボレー・ファン・デー2019』『ルノー・スポール・ジャンボリー2019』といったメイクス別のイベントも開催されるなど、非常に盛りだくさん。全てを本稿だけでは伝えきれないので、これらのイベントは別稿で改めてお伝えしたいと思う。

正直なところ、あまりの規模のデカさに筆者一人ではイベント全体を廻りきれなかったほどなので、とりあえずは写真とキャプションでその一部でもお伝えできたらと思う。そして「面白そうだなぁ」と感じたなら、今後開催されるであろう本イベントに参加してみて欲しい。そのスケールのデカさとクルマ好きのイマを感じることができるはずだから。

38枚の写真でみる詳細レポートは、記事下の「すべての画像をみる」で公開中。