シボレー・ファン・デイ 2019 コルベット、カマロなどシボレー車の走りを解放できる一日

2019.4.14

100字サマリー

シボレー車のオーナーそしてファンのためのイベントが今年も富士スピードウェイで開催されました。ドライビング・レッスンや試乗会、そしてサーキットパレードなど、コルベットとカマロの魅力を大いに堪能・アピールする一日だったようです。

text & photo:Kouzou Ebizuka(海老塚 構造)

シボレー製スポーツカーのポテンシャルをサーキットに解き放つ

昔からわが国におけるアメリカ車というと「大柄で大排気量」「どこまでも続くハイウェイをまっすぐ走り続ける」ようなイメージが大きいが、近年のコルベットが欧州の耐久レースで大躍進を果たすなど、リアルスポーツカーとしての資質を大いに磨き上げてきたという事実は、オーナー以外にはなかなか窺い知ることはできないといえる。

そこでコルベットとカマロをのパフォーマンスを体感でき、また全てのシボレー・ファンに対してサーキットでの走行体験を解放するイベントとして、昨年より開催されているのがこの『シボレー・ファン・デイ』なのである。

モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ内での開催

当イベントは自動車趣味を網羅するメディア企業、三栄が主催する大規模なサーキット・イベント『モーターファンフェスタ』でイベントinイベントとして開催された。当日はおおよそ考えつく限りの内外の趣味的・実用的なクルマたちが集まり、サーキットを走り、大規模な試乗会も実施されていた。そうした中に混じって走るシボレー車たちが埋没してしまっていたかというと、その華やかさ、力強さ、そして走りの魅力で、日本におけるシボレー車の存在感を多くのギャラリーにアピールしていたように感じた。

28枚の写真でみる詳細レポートは、記事下の「すべての画像をみる」で公開中。