ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

フィアット500/欧州フォードが集合 ユニルオパール5周年ミーティング 1000台以上が参加 

2019.7.21

100字サマリー

フランスの高品質モーターオイル「ユニルオパール」が、日本発売から5周年を記念したイベントを開催。年式・メーカー不問ということで1000台以上が浜名湖畔に集合。フィアット500、欧州フォードのミーティングも行われました。

text & photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

愛用者のためのミーティングだったが

ユニルオパールはフランスのモーターオイル。2014年7月に日本で輸入販売が開始されて5周年となるのを記念して、ミーティングが開催された。ユニルオパールはフランスでも量販店より品質に共感し、適材適所、クルマごとの相性なども理解したスペシャルショップを通して主に販売されているという。その販売方法は日本でも同様で、全国行脚をしながら少しずつ取扱店舗を増やし、今では250店舗ほどで入手することができるという。

「当初は5年間を通じてファンになってくださったユーザーの方へのお礼のつもりで、ミーティングを企画しました。ですので、参加車も当然今までユニルオパールを使ってくださっている方が中心だろうと考えていました。しかし、ミーティングの開催を知った方の口コミもあって、瞬く間にエントリーが集まりました。しかし、その参加車の内訳を見ると、多くはまだユニルオパールのオイルを使ったことのないユーザーとのこと。当初の趣旨とは異なる部分もありますが、それはそれで、私たちのことを知ってもらえるいい機会でもあると思い、開催にこぎつけました。」と主催するユニルオパールさんは話す。

「とはいっても、まあ、何かこれと言って大きな目的や、メニュー、コンテンツがあるわけでもないのですが、国産車から輸入車まで参加できる車種も区切っていませんし。いずれにしても、クルマを通じて多くの仲間が集まったことは純粋にうれしいことですね」と話す。

参加車は1000台を超える大盛況

実際に会場を見渡すと車種に関しては脈絡がなく、言い方を変えると制限や分け隔てのないクルマたちが会場に集う。その中でこの2年間ほど開催されなかったフィアット&アバルト 500 ミーティングが共同開催という形で、ユニルオパールミーティング内に組み込まれたため、当日はヌウォーバ・チンクエチェントから現行のフィアット500、アバルト500/595/695などが台数的には一番多く集まる形になった。
結局のところ合計で1000台を超える参加台数が浜名湖畔の浜松ボート対岸駐車場に集まった。会場ではクルマを囲んで話に花を咲かせる人、フリーマーケットで交流する人たち。全国津々浦々から集まって久しぶりの再会を喜び合う人たちなど、自由な時間が流れていた。

今回は5周年記念ということで、毎年の恒例行事としての開催は考えていないとのことだが、早くも来年もまた開催してほしい。といった声も会場のあちこちで聞かれた。

「順当に考えれば、次はまた5年後の10周年でしょうか。皆様のおかげで、今があります。これからもそれは変わりません。クルマを通していろんなご縁をかみしめる機会は大切にしていきたいですね」と主催者は話してくれた。