【クルマを、特別な空間に】大画面カーナビに、有機ELディスプレイ 新型ストラーダCN-F1X10BLD パナソニック

公開 : 2020.10.26 17:10

ストラーダなら、安全・安心運転サポートも充実

一休みした後に、SAから出発しようとクルマを走らせ始めると、ストラーダ「F1X10BL」から「逆走にご注意下さい」という注意喚起が。

逆走注意アラームは、高速道路の逆走を想定し、画面表示と音声で注意喚起してくれる。

それだけじゃない。本当に逆走してしまった場合には、高速道路のSAやPAと本線の合流部分などで「逆走のおそれがあります。進行方向にご注意下さい」と、画面と音声で強く警告してくれるという。

すべての場合での逆走検知を保証するものではありません。SA/PAによっては案内しない場合があります。

それに、制限速度の超過や事故が多発している地点まで、ポップアップ表示と音声で知らせてくれた。

うっかりミスをするのが人間。気付かぬうちに逆走する可能性だってある。そんなことを未然に防ぐためのこうした案内は、ドライブの強い味方になってくれる。

VICS WIDEの情報を活用した「スイテルート案内」をストラーダ「F1X10BL」には搭載。交通状況に合わせ最適なルートを自動で案内し、新旧ルートの比較・選択ができる。

クルマは海岸沿いを真鶴方面へ。果たして一般道路の交通状況はどうなのか?

実はストラーダ「F1X10BL」はVICSの最新版である「VICS WIDE」に対応している。走行中のクルマの情報を活用した「プローブ情報」も取り入れて(現在関東1都6県)渋滞回避を実現する。ストラーダ「F1X10BL」なら、知らずして渋滞を回避している可能性も大いにあり得るのだ。

待ち時間だって、クルマが特別な空間に

やがて眼前には真鶴の光り輝く海が。穏やかなときは本当に美しい。彼女もこの風景にすっかり見入っている様子。

目的地には予約時間よりも早く到着してしまった。

こんな時でも、ストラーダ「F1X10BL」はブルーレイディスクが再生できるし、HDMI接続にも対応しているので「Fire TV Stick」で動画を楽しむこともできる。これなら、待ち時間も好きな映画を見て過ごせるわけだ。

ブルーレイディスク、地デジ、HDMI入力はHD解像度(1280×720)で再生できる。ちょっとした待ち時間だって、美しい映像のおかげで特別なひと時に。

目的地のレモン農家は、今はグリーンレモンの時期。黄色いレモンとは異なる印象だが、何を隠そう“香り”という点ではもっともオススメの時期だという。

もぎたてのグリーンレモンは、ヘタの切り口から酸味が効いたレモンの香りが漂ってくる。

果樹園「オレンジフローラル ファーム」では、11月から今シーズンのレモン狩りを始める。予約制となっているので、詳細は同園のサイトで確認しよう。

スライスしたものをティーカップに入れ、お湯を注ぐとどうだろう。口に含むとレモンティーなど足元にも及ばない、爽やかな味が口いっぱいに広がる。

これにはボクも彼女も「美味しい!!」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事