【#ベントレー・フライングスパーのレシピ】圧巻のインテリア 目で見て触れて、身を浸す 飯田裕子編[PR]

公開 : 2021.03.26 11:55

コーチに収まる、お姫様のように

この空間の最大面積を占めるシートの存在は大きい。新設計されたシートは大ぶりながらサポート性と快適性/デザイン性に優れる。

言わずもがな高機能。心身のリフレクソロジーをサポートしてくれそうだ。

キャビンを包むドアトリムには3Dテクスチャーのレザーを採用。業界初というこの造形が生む陰影が、さり気なくもフライングスパーのインテリアの新たなアクセントとなっている。

キャビンの仕様の選択肢は無限大ともいう後席、プライオリティをココに置く方もいるだろう。前後席で内装色の組み合わせを変えることもできるというから素敵。

居心地の良さは言うまでもないがちょっと独特にも思えた。横視界は良好。後方に向かってショルダー高がなだらかに上がっていることで感覚的な安心感がより強まる。コーチに収まるお姫様のような気分だ。

後席にはこのような快適さをよりスマートにアレンジできるTSR(タッチスクリーンリモート)が搭載されている。

写真:ベントレー
写真:ベントレー

取り外しても利用でき、後席の14段階の調整と5つのマッサージモード、温度調節、ライティングなど様々な操作や保存が可能。

目に見えるデジタル/インテリジェント器機の存在も最新モデルらしさ。

でもフライングスパーの真価は趣にあると言いたい。

ベントレー・フライングスパー 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ