【駐車が苦手でも】真上からの映像で、きれいに車庫入れ 1カメラスカイトップビュー データシステム[PR]

公開 : 2021.04.30 11:50

縦列のコツ 左後方/路肩位置の把握

次は場所を変えて、繁華街でパーキングメーターが設置された枠への縦列駐車を試みた。

このような場合、他の車両が走行している道路上から後退をはじめ、視界の悪い左後ろの車両感覚も必要になるので苦手という人は多いだろう。

気持ちも焦ってしまうところだ。

パーキングメーターは、短時間駐車の際に便利。すぐ脇をクルマが走り抜ける、人通りが多い繁華街で「1カメラスカイトップビュー」を使ってみた。

だが俯瞰映像を見れば車両の左後方や路肩の位置など、ドライバーから死角になる場所の状況がはっきりわかり、安心感がたっぷり。

ナビに表示されいている画面を見ているだけで(必要な目視は行うが)、一度で枠内にきれいに納めるのも難しくない。前後に駐車している車両との間隔も確認ができる。

前述のように、俯瞰映像のリア・バンパーから後ろはリアルタイムの映像。すぐ隣を走る赤いクルマが、俯瞰映像でも捉えられている。道路を横切る歩行者などもしっかり映っていた。

愛車に後付けで装着 価格は?

「1カメラスカイトップビュー」は、従来からの全方位モニターとまったく同じ見た目ではないものの、実用度については変わりがない。車庫入れ・縦列駐車が格段にラクになる超魅力的なアイテムだ。

ミニバンやSUVなどボディサイズの大きいクルマであれば、なおさら恩恵が感じられるだろう。

そして低価格なのも嬉しいポイント。

同社のマルチVIEWカメラに比べて5500円(税込)高いだけの2万3980円(同)とコストパフォーマンス抜群。もちろん従来からの全方位モニターに比べると数万円も安い。

汎用品のため、国産車であればほとんどの車種に後付け装着が可能(トヨタ純正の販売店オプション・ナビ「NSDD-W61」「DAN-W62」「NSCD-W66」、マツダ純正のマツダコネクトを除く)。

春の行楽シーズンに向けて正式発売されるという1カメラスカイトップビュー、あなたの愛車にも導入を考えてみては?

▶️1カメラスカイトップビュー 公式サイト

関連テーマ

人気テーマ