【愛車を「造る」喜び】ABARTH 595カスタマイズプログラム「Make Your Scorpion」に触れてみた[PR]

公開 : 2021.04.28 11:00

ABARTH 595カスタマイズプログラム「Make Your Scorpion」に、飯田裕子さんと井出有治選手が触れました。

もくじ

「世界に1台だけのクルマ」という贅沢
選び方1つでシックにもアクティブにも
「Make Your Scorpion」わずかな期間

「世界に1台だけのクルマ」という贅沢

AUTOCAR JAPAN sponsored by ABARTH
text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)
photo:Keigo Yamamoto(山本佳吾)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

クルマを購入するときの楽しみは数多くある。

中でも多くの人が迷いながらも楽しい時間を過ごすのが、どんなグレードでどんな色の車両を注文するか? というタイミングではないだろうか。

しかし、いくらグレードや仕様を選べるといっても多くはメーカーが指定した組み合わせの中から選ぶだけ。完全に自分好みの仕様を選ぶことはなかなか難しいというのも事実だ。

そのため、泣く泣く一部のこだわりを妥協して注文をしたという経験がある人もいることだろう。

そんなモヤモヤした気持ちを晴らしてくれるカスタマイズプログラムこそ、ABARTH 595に用意された「Make Your Scorpion(メイク・ユア・スコーピオン)」である。

「Make Your Scorpion(メイク・ユア・スコーピオン)」ウェブサイトのトップページ。

これは通常では選ぶことのできないボディカラーと内装色の組み合わせ、キャリパーのカラー、そしてオープントップ仕様のABARTH 595C Turismoではソフトトップまでも自分好みのカラーをチョイスできるというもの。

組み合わせによっては選択できないカラーがあるが、その組み合わせ数は372通りにものぼり、アクセサリーも含めるとなんと1万4000通り以上の選択幅となる計算になる。

ここまで多くの選択幅があれば、世界に1台だけの仕様のABARTH 595を創り上げるのも夢ではない。

なお今回選ぶことができるボディカラーは、通常のカタログモデルとして用意されているカラー以外も多数設定されており(全17色)、中には日本初導入となる「Blu Opaco」と呼ばれるマットブルーが「Make Your Scorpion」専用色として用意されている点も見逃せないポイント。

設定されるボディカラーは全17色。「Blu Opaco」は右上。

今回はそんな創る楽しみが無限大の「Make Your Scorpion」を、著名人に実際に選んでもらうことにした。

「Make Your Scorpion」 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ