【愛車を「造る」喜び】ABARTH 595カスタマイズプログラム「Make Your Scorpion」に触れてみた[PR]

公開 : 2021.04.28 11:00

「Make Your Scorpion」わずかな期間

一方のレーシングドライバーである井出選手は、ハイパフォーマンスなABARTH 595 Competizioneを選ぶかと思いきや、オープンの解放感を楽しむことができる「ABARTH 595C Turismo」を選択。

「ふだんはレーシングカーに乗っているので、移動の手段となる愛車はリラックスして乗れるものがいいですね」というのがチョイスの理由。

撮影時もABARTH 595にもあっという間に馴染んでしまったのは、レーシングドライバーであるということはもちろんだが、過去にコンパクトカーを愛用していたということも大いに影響しているのかもしれない。

そんな井出選手のボディカラーは、落ち着いたイメージであるメタリックのダークグレーにグレートップの組み合わせ。

「Grigio Record」を組み合わせた一例。

室内もブラックレザーでまとめ上げてはいるが、キャリパーには鮮やかなイエローをプラスすることで、特別感のある組み合わせに仕上がっている。

取材時もあれにしようかこれにしようかと組み合わせに関して大いに盛り上がった「Make Your Scorpion」だが、自分好みの仕様を選ぶことができるのは2021年4月13日から5月31日までのわずかな期間だけ。

オンリーワンの仕様なだけに、納車は2021年10月以降となるが、ABARTHの職人によって自分だけの1台が作られると思えば納期は気にならないハズ。

気になる価格も、ベース車にわずか11万円のエクストラコスト(一部ボディカラーは別途オプションカラー代が必要)というから、このチャンスを逃す選択肢はないだろう。

アクセサリーも組み合わせると1万4000通り以上の組み合わせが実現される「Make Your Scorpion」

早めに行動に移さないと「自分好みの仕様を悩んでいるうちに受注期間が終わってしまった……」なんてことにもなりかねない。

「Make Your Scorpion」 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ