【欲しいものが、ここに】ルノー・ルーテシア この価格/この質感/この装備 小さな大革命[PR]

公開 : 2021.06.08 11:55

本気でマーケットを取りにきている

基本性能を高めた新型ルーテシアのドライビングの質を向上させるアシスト機能とも言えるのが「ルノー・マルチセンス」と呼ぶドライブモードの切替だ。

デフォルトの「マイセンス」モードは「マイセンス」と呼ぶだけにカスタマイズも可能なコンフォートモード。ほかにはスポーツ、エコがある。

選択するモードによってエンジン出力特性やトランスミッションの変速速度、ステアリングのアシスト量、エアコンなどに加え、メーターパネル内の表示スタイルの変化も楽しめる。

さらに8色のアンビエントライトもそれぞれのモードで好きなカラーを選ぶことができるなど、1台のコンパクトモデルを様々なモードで味わえるというのも嬉しい。

新型ルーテシアは新たな装備によって行動範囲を広げるようなドライブシーンの想像も広がり、車両の運動性能だってこれに応える能力も十分。

ドライブモードのチェンジがこれまでのカーライフを変化させるきっかけになることは間違いない。

運転支援も新たなステージに入った。アダプティブクルーズコントロールやレーンセンタリング(車線中央維持)システムの採用など、他ブランド上位モデルにも匹敵する先進技術を搭載。

競合モデルも含め、このクラスは価格を重視するユーザーも多く、装備やクオリティをどれだけ盛り込むかが難しいところ。

新型ルーテシアの現段階の装備面はほぼ同時期に登場したプジョー208には少しだけ、登場してしばらく経つフォルクスワーゲン・ポロに対してはリード。

先進性でドイツ車に遅れがちな印象のあったフランス車が本気でマーケットを取りにきていることがわかる。

ルーテシア・プレミアム・ドライビング・フェア 6月12日(土)〜13日(日)

期間中、限定車/特別仕様車含む全モデルを新車で成約した方を対象に「1.9%特別低金利」が適用される。

プレミアム・ドライビング・フェアをくわしく見る
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事