【マイナーチェンジ以上の差】ジープ新型コンパス FFと4WDどちらが買い?

公開 : 2021.06.25 17:45

ジープ・コンパスがマイナーチェンジを果たしました。「ロンジチュード」と「リミテッド」の違いに迫ります。

【丸目だけじゃない】なぜ角目ジープも魅力的? 新型コンパス/レネゲードで比較検証[PR]

もくじ

ジープ・コンパス、マイナーチェンジ
リミテッドとロンジチュード装備の差
どちらを選ぶ? ヒントは装備の違い

ジープ・コンパス、マイナーチェンジ

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan
text:Kazuhiro Nanyo(南陽一浩)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

ジープ・コンパス。マイナーチェンジとはいえ全車ともLEDライトを採用し、よりモダンかつ質感を高めたインテリアになって、プレゼンスも快適性も一新した。

ジープ・コンパス・ロンジチュード(左)とジープ・コンパス・リミテッド(右)

ひとまずエントリーモデルの「スポーツ」は346万円だが、今回はストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールが標準装備された「ロンジチュード(385万円)」と「リミテッド(435万円)」を、FFと4WDというパワートレイン違いで50万円差の上位2グレードを比較してみよう。

エンジンは両者とも直4のマルチエア2.4Lで、175ps/6400rpmの最大出力と23.4kg-m/3900rpmの最大トルクは共通。

直列4気筒マルチエア2.4Lユニット

ただしFFのロンジチュードが6速ATであるのに対し、オンデマンド4WDのリミテッドは9速ATが組み合わされている。

この違いが走りにどう現れてくるかは後述する。

外観を遠くから眺めた際に、最大の違いと映るのはルーフだ。ロンジチュードのルーフ色はブラック一択なので、4色が用意されるボディカラーでブラック以外を選べば、控えめな2トーンとなる。

リミテッドもボディカラーは4色が用意されるが、ルーフはボディ同色。オプションでグラスサンルーフを選べ、ルーフレール内にもクロームのアクセントがあしらわれる。

フロント側に回ってみよう。

ジープ全モデルに共通するセブンスロットのグリル意匠は同じだが、リミテッドの特徴としては前方ビューカメラのレンズが中央に覗いている。

グリル枠自体も、リミテッドがクローム仕上げであるのに対し、ロンジチュードは艶消しのシルバー仕上げ。

ジープ・コンパス・ロンジチュード(左)とジープ・コンパス・リミテッド(右)

さらにグリルの下、左右両端にフォグランプを収めた黒いインサートも、ロンジチュードは艶消しだがリミテッドは艶アリで、後者にはチンスポイラーにシルバーのアクセントも付く。

ところが寄ってみると、さらなる違いに気づく。

ジープ新型コンパス 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事