【マイナーチェンジ以上の差】ジープ新型コンパス FFと4WDどちらが買い?

公開 : 2021.06.25 17:45

リミテッドとロンジチュード装備の差

両者ともヘッドライトユニットはLEDだ。

ロンジチュードはロービームもハイビームもリフレクター式で内側のバルブがウインカーだが、リミテッドはロービームのみプロジェクター式で、上端の日中走行灯がウィンカー点灯時にはオレンジ色に光る。

ジープ・コンパス・ロンジチュードのヘッドライト。
ジープ・コンパス・リミテッドのヘッドライト。

リア側のLEDテールランプは同一のユニット。

ロンジチュードにはない2本出しのクロームマフラーカッターがリミテッドのボディ下右側には見える。

いわば、総じて控えめシンプルに徹したロンジチュードに対し、前後とサイド、すべてのアングルで適度な光沢コントラストを効かせたリミテッドという、違いだ。

装備面の細かな差が出ている外観の違いとしては、助手席側ドアミラーに注目だ。ここの下面には、360°ビュー機能の付くリミテッドではカメラレンズを備えているが、リアビューカメラのみとなるロンジチュードでは死角をカバーする補助ミラーとなる。

また外観上には現れてこないところだが、ロンジチュードのリアハッチゲートは手動式であるのに対し、リミテッドはパワーリフト&クローズ式。荷室内の左側面にクローズボタンが設けられている。

さらに後席のシートアレンジについても、ロンジチュードが一般的な6:4分割式である一方で、リミテッドは4:2:4分割となっている。

センターコンソールがそのままドリンクホルダーを兼ねているのは両者共通だが、リミテッドはそのままトランクスルーにもなる。

ロンジチュード(左)が一般的な6:4分割式。リミテッド(右)は4:2:4分割式。

ロンジチュードの内装トリムは「プレミアムファブリックシート」と呼ばれ、助手席の座面下に収納スペースのあるレザー&ファブリックのコンビ。

後者はフルレザーのパワーシート仕様で、レザーとウッド、クロームというラグジュアリーなダッシュボードといい、フォーマルな雰囲気さえある。

ロンジチュードのダッシュボードも意匠自体は同じで、グレーのファブリックが張られており、こちらのカジュアル・シックさを好む人も少なくないだろう。

ロンジチュード(左)とリミテッド(右)のダッシュボード。

いずれも10.1インチのタッチスクリーンに10.25インチのメーターパネルという構成で、表示機能やインフォテインメント、コネクティビティに差はない。

では注目の走りはどうか。

ジープ新型コンパス 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事