【迷えるあなたへ】ジープ・ラングラー ルビコン/サハラ/スポーツ 違いは?

公開 : 2021.10.06 18:05

「サハラ」 快適性を最高水準へ

日常生活のパートナーとするなら、そんな新型ラングラーの快適性を最高水準へ高めた「サハラ」がベストだ。

同グレードは、スタイリングからして他グレードと異なる。

他グレードでは樹脂素地の黒となっている、「フリーダムトップ」と呼ぶハードトップやフロントフェンダーがボディ同色に塗装されているからだ。

他グレードと比べると上質だ。

インテリアは、レザーシートとしたうえで、シート、ステアリング、シフトブーツなどに白のステッチを入れた仕上げ。

ダッシュボードにも白ステッチを入れたソフトパッドをコーディネートし、ラングラーらしからぬ上質な雰囲気だけどこれはこれで大いにアリだ。

助手席前のアシストハンドルも、他グレードとは異なりボルトが見えないスマートなデザインになっている。

もっとも都会的なラングラーといっていいだろう。

走りも異なる。純正装着しているタイヤはH/T(ハイウェイ・テレーン)と呼ばれる、SUVタイヤのなかでは舗装路を重視したタイプ。

静粛性も高く、舗装路での快適性やハンドリングを高いレベルに保っている。ホイール系も他グレードに比べて1インチ大きな18インチだ。

そんなタイヤチョイスも含めて、ラングラーらしい個性や可能性を求めつつ、快適かつオンロード走行を重視したユーザーとのマッチングに適しているのが「サハラ」である。

また、サハラは現行ラインナップで唯一、他グレードとは異なるエンジンが選べる。

それは2.0Lの4気筒ターボエンジン。もう1つの選択肢である3.6LのV6自然吸気エンジンに対して同等の動力性能(V6よりも大きいトルクをより低回転で発生するから乗りやすい)を保ちつつ、燃費に優れ、自動車税も年間2万7000円安いから嬉しい。

いっぽうで、筆者個人的には「ルビコン」がお気に入りだ。

ジープ・ラングラー 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    工藤貴宏

    Takahiro Kudo

    1976年生まれ。保育園に入る頃にはクルマが好きで、小学生で自動車雑誌を読み始める。大学の時のアルバイトをきっかけに自動車雑誌編集者となり、気が付けばフリーランスの自動車ライターに。はじめて買ったクルマはS13型のシルビア、もちろんターボでMT。妻に内緒でスポーツカーを購入する前科2犯。やっぱりバレてそのたびに反省するものの、反省が長く続かないのが悩み。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事